<< 今日も病院模様 りゅうたん >>

よい子でお留守番

りゅうを入院させて家に戻ると、かんながトントンと、二階から降りてきました。
兄ちゃんを追ってのときにしか、二階には上がらないかんなが。

多分、探しに行っていたのでしょう。

d0058328_19594717.jpg




 にいちゃんは?


元気になって、また戻ってくるまで、いい子でお留守番していようね。


先程、りゅうの面会に、フリースをもって出かけました。
顔をみるなり、

「しゃーーー!」 (訳、こわいよぉ~~!」
「ふぅーーー!」 (訳、いたいよぉ~~!」

「うんぎゃぁーー!」 (訳、出してよ、おうちかえる~~!)

訳をみると、涙をさそうセリフなんですが、看護婦さん達、おびえるばかり。
まさに、ミニトラそのものの形相、飛び掛らんばかりですもの。

ケージのドアを開けるのは断念、隙間からフリースを差し込むと、そこに顔つけています。
おててのっけて。(涙)

ドアに頭突き、撫でろのポーズですが、顔は「うんぎゃー!」のまま。

甘えたくても、それどころじゃないんだよね。
かあちゃんも、撫でたいけどがまんだ。

先生が、かあちゃんがりゅうの気を引いているうちに、ササッとご飯をいれる。←危険回避らしい

「まんま、たべなさい。」って言っても、無理かもね。
いいや、点滴してるし、お肉いっぱい付いてるから、初めての晩だもの仕方ないさ。

つうことで、明日朝も、治療時、りゅうたんの押さえ係りに来てくれるように、だってさ。
行くともさ!!
[PR]
by iidaka55 | 2008-02-05 20:15 | かんな | Comments(8)
Commented by hanako at 2008-02-05 20:32 x
  かんなちゃんも寂しそうですね。
 涙でパソコンの画面が良く見えません。
  
 りゅうちゃん少しの我慢だよ。すぐお家へ帰れるからね。
Commented by shi.mura at 2008-02-05 21:03
病院でしっかり手当してもらって
安心して帰りましょうね。
りゅうちゃんにとって今は入院が一番いいのだもの。

大丈夫。早く良く帰ってくるよ~。
Commented by なぁかぁちゃん at 2008-02-06 05:28 x
りゅうたん・・・。そっか、そっか、痛かったね、怖かったね。
かんなちゃんもとうちゃんもかあちゃんもねえちゃんも待ってるからね。
ちょっとだけ我慢しようね。えらいぞ、りゅうたん。

めしばんさん
お気持ち、痛いほどわかります。
私もサスケを毛球症で10日間入院させたことがあります。
あの申し訳なさ、寂しさ、切なさ。
でもご自分を責めないでね。
元気なりゅうたんのこと、すぐ治って帰ってきてくれますから。
Commented by mameshibawanwan at 2008-02-06 09:28
こりゃまた大魔神に変貌ですか。。。看護士さんたちが怖がるって、すごくないですか?!
押さえ係に来るようにだなんて・・・
そりゃぁ飼い主さんがいてくれた方が、多少は安心するでしょうけど(^^;
数日の辛抱ですね。あ、今頃病院かな? ちゃんと治療受けてるかなぁ。。。引っかかれてませんように。
Commented by めしばん at 2008-02-06 19:28 x
>hanakoさんへ
心配かけてすみません。
めしばんは、少し堪え性がありませんね、すぐ大騒ぎしちゃう。
つうことは?りゅうが似てるってことかい?

悪戯坊主でも、元気でいてくれるって事がどれほど有難いことか。
家族の誰が病んでも(すいません、人も猫もいっしょで)、日常が日常じゃ
なくなって、つらいですね。
Commented by めしばん at 2008-02-06 19:32 x
>なぁかぁちゃんへ
サスケ坊も、辛い思いしたんだね。
心細さ、痛さ、えらかったね、がんばったんだ。
そだね、この子等と暮らすことは、可愛く癒されるばかりではなく、こういった
思いも一緒に貰うことだよね。
めしばんも、嫌がられても、ブラッシングがんばっていくよ。
アメショーは、毛が多いからね。。。。。

りゅうたん、がんばってくれてますよ。
Commented by めしばん at 2008-02-06 19:35 x
>豆柴さんへ
そりゃもう、、、、、病院のお嬢さん方、りゅうの暴れ具合にドン引き。
必死ですからね、りゅうは。

今朝9時に行ってきましたよ、注射一本のために。
るんばは?元気が一番だよね。
Commented by めしばん at 2008-02-06 21:06 x
>しのすけさんへ
泣き叫んでいたりゅう、やっと気持ちが落ち着いてくれたようです。
コツコツと根気よく、腕の点滴の管をぬき夜をあかしたようです。

今朝、シャーじゃなく、ニャァーと鳴いてくれたそうです。←先生ホッとしてた。
しっかり治してもらい、元気で戻ってくれることを願って我慢しましょう。
こればっかは、先生にお願いするしかありませんものね。
隣の部屋のミケちゃん、容態が悪く会いにきていたおねえちゃん、泣いていました。
胸がつまりますね。
隊長をはじめ隊員2、少しおでぶでも、元気でいてもらうのがなによりです。
元気になってくれたら、あとは、かあちゃんも気をつけて出来る限りの注意を
はらっていきたいとおもっていますよ。

<< 今日も病院模様 りゅうたん >>